洗面台取替工事
フリーダイヤル

0120-968-548

【土日祝日受付中】9:00~17:30

リフォーム現場レポート

Report

洗面台取替工事

2018.07.20

今日は焼津市のお客様の洗面台の取替工事をご紹介します。
建築当時から使用している洗面台の取替えをご決断いただき、工事をしました。
これといって破損や傷みがあるわけではありませんが、設置して30年以上経過するので、黄ばみや全体的な風化が見られるため、交換をしてキレイにしたいとのご要望でした。

施工前の洗面台

工事はまず、止水から始まります。
通水したままでは配管から水が溢れ出してしまうので、量水器というメーターがついている箱の中にバルブがあるので、そちらを止めると水も止まります。こちらで止水をしてから洗面台の撤去・運搬を行います。

まずミラー部分を外し、その後下台を撤去します。
撤去が完了したら、新しい洗面台を設置していきます。このとき、「止水栓」が傷んでいる場合は交換をします。
止水栓とは、給水・給湯配管につける止水のための栓で、その接続部の劣化が原因で水漏れを起こす危険性もあるので、確認をします。
こちらが終わると、まずは下台を設置します。水平など確認をして、据え付けます。
その次にミラー部の設置をします。このとき、壁面にビスで設置するのですが、プラスターボード(PB)だと、ビスがきかない場合があるので、その場合は「アンカー」というビスをきかせることのできる部材を設置してから取り付けます。こちらも水平は垂直を確認して、問題が無ければ完了です。
半日でキレイになるので、お客様にも大変喜んでいただいています。

施工後

施工金額:¥85,000
作業時間:半日
商品名:TOTO洗面台 Vシリーズ(1面鏡・開き扉)
ご要望:古くなった洗面台の交換

長谷川

ページの先頭へ戻る